所有社宅から借上社宅、そして家具付へ

かつて多くの企業は従業員の住居を確保するために多くの社有社宅を保有していました。
しかし、バブル崩壊後、景気の低迷が長引き社宅を手放したり、社宅業務自体を外部に委託するようになりました。
ここ数年は社有社宅の老朽化も進み、社宅や寮の利用率が著しく減少してきています。
最近の社宅制度の現状は『社有社宅』から『借上社宅』への移行がトレンドとなってい ます。

そのなかで最初から家具付き賃貸の家具付き賃貸を社宅としてかりるというのはいかがでしょうか?
引越しのときの煩雑な手間が省け、手軽に社宅としてご利用いただけます。
また社員の方の移動や退職があるときは解約をすればいいので無駄な経費も削減できます。